トップ / 痛風と尿酸値の関係って

痛風と尿酸値の関係について

痛風という病気は血液中の尿酸値と密接な関係があります。血液中の尿酸値が7を超えてくると溶けきらない尿酸が関節などに付着するようになり、その尿酸の結晶が何らかの原因ではがれおちることを気っかけとして激しい炎症を起こすのが痛風発作と呼ばれる症状です。非常に痛いことで知られており、風が吹くだけでもいたいと言われるほどの腫れあがりを見せます。この様な症状を一度経験すると2度と体験することのない様に食生活を気をつけるようになると言われており、血液中の尿酸を高めない様な食習慣と生活習慣に気をつけるようになります。

痛風になったらプリン体に注意

プリン体は、体に必要な栄養素の一つですが、代謝過程で酸化すると尿酸になります。また取りすぎると体の中に残り酸化によって尿酸へと変化します。結果として、血液中の尿酸値が高くなり尿酸の結晶が足の親指の関節など固まって肉芽腫組織を形成し、痛風を引き起こします。食物からの摂取量より体内で代謝により生成される量のほうが多いので発症の直接の原因ではありませんが、含有量の多い食品を取りすぎると発症のリスクは高まりますし痛風になってしまった場合は控える必要があります。プリン体を多く含む食品は、肉・魚・卵や内臓部分です

健康な身体に関する情報