トップ / 水溶性食物繊維の種類は

水溶性食物繊維について

水溶性食物繊維とは、ペクチンやグアガム、グルコマンナンといった種類のものがあり、水に溶けるのが特徴です。そのため、胃の中にある食べ物を包み込んでくれ、糖分や塩分、コレステロールなどの体内への吸収を抑えてくれる効果があります。水溶性食物繊維が多く含まれた食物は、リンゴなどの果物、イモ類、キャベツなどの野菜、海藻類、大豆やカラス麦といった大麦類などがあります。食物繊維にはもうひとつ種類があり、不溶性食物繊維と呼ばれていますが、こちらは水に溶けずに消化されないのが特徴です。

健康な身体に関する情報