トップ / ロコモ対策には運動が良い

ロコモ対策に必要なこと

ロコモとはロコモティブシンドロームの略で、骨や関節、筋肉、神経に障害がおこり、歩行が困難になって日常生活不自由を感じる状態を指します。これを防ぐためには、運動、バランスのとれた食事、休養のみっつの要素が大切ですが、この中でも運動は欠かせません。簡単な運動でも続けることによって十分なロコモ対策となります。その運動とは具体的には、スクワット、ストレッチ、背骨ほぐしで特にロコモ対策に効果的なのがスクワットです。ただ間違った姿勢で行うと膝や腰に負担がかかるため、正しい姿勢で行うことが大切です。

メタボと並ぶロコモ対策

ロコモはロコモティブシンドロームの略で運動器症候群と言われているものです。筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器に障害が起こり、立ったり歩いたりという機能が低下し、進行すると日常生活に支障が生じ、さらには介護が必要になります。というわけで、メタボと並んでロコモ対策が必要というわけですが、まずは食生活での対策としては、人間に必要な五大栄養素、炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルをバランスよく摂取することに尽きます。

健康な身体に関する情報